産後矯正診療

産後矯正診療とは

出産で歪んだ骨盤を改善します。

出産後は骨盤周辺の筋肉に大きな負担がかかり、骨盤が歪みやすい状態になります。何も対処せずに骨盤が歪んだ状態が続くと、腰痛、恥骨痛や、産後太り、尿漏れなどさまざまな症状を引きおこす要因になります。
このようなさまざまな症状を改善していく施術が産後矯正となり診療です。
pixta_65751623_M

産後矯正はいつから?

【産後最低1か月はできれば安静にしてください】
まずは産後のダメージを回復させることが大切です。
座った姿勢や立った姿勢も重力がかかり骨盤に負担をかけてしまいます。できるだけ家族などにサポートしていただきましょう。 会陰部の痛みや違和感がなくなってきたら動きの少ないトレーニングを始めるのをおすすめします。 
 
【産後9週以降からダイナミックな動きも可能になります】
6週まではダイナミックな動きは控えましょう。9週以降からは自宅での腹筋トレーニング等が可能です。9週たっても帝王切開の傷が痛かったり、体力が回復していない場合は、回復するまで待ちましょう。

【産後6か月までは体を折り曲げる動きは避けてください】
腹筋を強化しようとして、体を折り曲げて行う一般的な「腹筋トレーニング」のような動きをするのはNGです。かえって腹筋の回復を妨げます。まっすぐ体を伸ばしながら腹筋を鍛える方法を取り入れてください。普段の姿勢でも猫背になったりすると同じく体が折れてしまうので気をつけましょう。また、6か月以降であったとしても、しっかりと腹筋が回復していない状態ではできるだけ折り曲げる体制は避けましょう。

産後矯正の効果は?

産後の体型・体重変化の大きな原因の一つが、「骨盤の歪み」です。 出産を通して大きく歪み、損傷を受けた骨盤は、正しい知識をもってケアしなければ、体型の崩れだけでなく、肩こりや腰痛、恥骨の痛み、さらには第二子の不妊などの原因にもなります。
こういったことにならないようにしっかりと対策をし、改善していきましょう。

患者様の声

13キロも痩せて私も家族もびっくり

最初に伺ったのは産後矯正からですが、13キロも痩せて私も家族もびっくり!!体が歪みすぎて代謝が低下してたみたい!それから家族一同で長~~い付き合いです笑時崎先生がいてくださると安心して生活を送れます。まさしくゴッドハンド!笑
IMG_4929